治療中のケア(がん治療)

私たち看護スタッフは、少しでも患者さま、ご家族の皆様のお役に立ちたいと思っています。心配なこと、疑問に思っていることなどがありましたら、どんなことでも遠慮なさらず、どうぞ、いつでも気軽に声をおかけください。

治療中の生活は普段通りに

放射線治療を始めてからしばらくすると、体が少し疲れやすくなることがあります。また、毎日決まった時間に、ご通院いただくと、負担になることがあります。十分な休息や睡眠をとるようにしましょう。

治療中の食生活も普段通りに

治療中、特別な場合を除いて食事制限はありません。治療する部位によっては、副作用で食事がとりにくくなることがあります。そのようなときは、無理せず、自分の好みにあう食事をとってください。食事内容ついては、看護スタッフにご相談ください。また、食事量などの制限がある場合には、ご説明させていただき、生活に支障のない範囲となるようにいたしますので、遠慮なくご相談ください。

治療中の入浴は少しだけ気をつけて

入浴はいつも通りで結構です。治療計画の際に体幹部の皮膚に直接張り付けた十字のシール(フィールドマーカ)ははがれやすいので、皮膚をゴシゴシこすらず、やさしく手でさする程度にしましょう。また、入浴時に、皮膚に異常がないか、よく観察してください。発赤、ヒリヒリ感などがあれば、ご相談ください。また、治療部位への軟膏・塗り薬は、当クリニックの医師に確認してからにしてください。

治療中の日焼けについて

治療中~治療後しばらくは、治療部位に直射日光があたらないようにご注意ください。胸部、腹部など衣服で覆われている場所はあまり気になりませんが、頭部、頸部など露出している場所には注意が必要です。スカーフ、帽子など紫外線対策をしっかりしましょう。

ページのトップに戻る