料金・診療報酬について

保険診療

当クリニックの診療は保険診療を基本としています。頭頸部定位放射線治療の保険適用は、頭頸部腫瘍(頭蓋内腫瘍を含む)及び脳動静脈奇形となっており、脳転移では大きさや個数の制限及び原発巣や他の転移巣の状態は問われません。

一方、体幹部定位放射線治療の保険適用は「5cm以内・3個以内で、他の転移病巣のない肺癌(原発性、転移性)、肝癌(原発性、転移性)」となっております。定位放射線治療の治療費は、治療開始から終了まで一連として63万円です。したがって、3割負担の方で約19万円、1割負担の方で約6万円になります。

また、強度変調放射線治療は、平成22年4月の保険適用の改定で広く「限局性の固形悪性腫瘍」が適用になりました。その中で再発・転移の場合は適用の判断が難しく、例えば骨盤内リンパ節転移の場合は一領域のみの転移で、臓器転移などがなければ限局性と判断し、強度変調放射線治療の保険適用と解釈しています。

強度変調放射線治療の治療費は、1回分で約3万4千円です。治療回数は、短くて20回、多くて39回まで幅があります。もっとも治療回数の多い前立腺がんでは、総治療費は約140万円、3割負担の方で約42万円、1割負担の方で約14万円になります。

自由診療

当クリニックに紹介される患者さまの中には、上記の保険適用の条件を満たさない方が少なからず受診され、そして、そのような方にこそ従来のがん治療よりも高精度放射線治療が有効なケースが存在しているようです。このような状況下において質の高い治療を提供するのが、自由診療です。自由診療は、社会保険医療制度に相対するところに位置づけられ、日本の国民皆保険医療という考え方の中では、ネガティブなイメージとしての認識が一般的です。

しかし、自由診療という理念は、社会保険制度による規制に縛られない、それぞれの患者さまに対して個別の、最良にして最善の医療を目指すものです。自由診療により、「安全で」「有効性のある」「正しく」「質のいい」医療をすべての患者の皆様に提供することが可能となります。当クリニックの自由診療での平均的な治療費は、150万円から250万円が目安となります。

ページのトップに戻る