治療対象となる方(がん治療)

早期がんの場合

最新技術を使った放射線治療により、副作用を最小限におさえて、手術と同等の治療効果を提供します。高齢や全身状態不良のため手術適応とならない方でも、高精度放射線治療なら問題なく治療できる場合があります。たとえば、前立腺がん、I期肺がんなどが適応となります。

適切な治療を行うためには、主治医の先生のご理解とご協力が必要です。主治医の先生とよくご相談になり、診療情報提供書、画像情報および各種臨床検査結果のご提供をお願い致します。

再発がんの場合

元々がんがあった部位での再発、あるいは、他の部位(肺、肝臓、脳、骨、リンパ節など)への転移であっても、その数が少ない場合は、手術後、放射線治療後、抗がん剤治療後などそれまでに受けられた治療にかかわらず、私共は積極的に治療の可能性を検討します。

がんが再発した場合の治療成績は良くないため、積極的な治療は現在まであまり行われてきませんでした。しかし、最近は優れた抗がん剤・分子標的療法の開発、転移に対する手術などが徐々に貢献し、がんの再発に対する医療が少しずつ変貌しつつあります。放射線治療においても例外ではありません。高精度な放射線治療技術により、以前では対応できなかった病巣に対しても、治療の可能性が拡がってきました。

再発であっても、個々の患者の皆様の状況を十分に検討し、適切な治療を提供することにより、日常生活に支障なく長い余命を保たれる場合もあります。 適切な治療を行うためには、主治医の先生のご理解とご協力が必要です。主治医の先生とよくご相談になり、診療情報提供書、画像情報および各種臨床検査結果のご提供をお願い致します。

ページのトップに戻る